借地権のトラブル

借地権を相続した際に発生する可能性があるトラブルにはどのようなものがあるでしょうか。

名義まず、借地権とその土地に建つ建物登記の名義が違うことが判明した場合、大きなトラブルに発展する危険性があります。借地は、借地権者自身が使用するものとして借地契約は締結されているため、借地権者の名義とその借地に建つ建物の登記の名義は同じでなければならないのです。借地権名義者ではない人が借地を使用する場合は、借地権の「譲渡」か「転貸」と見なされ、地主の同意を得る必要があるのです。

このことを知らずに借地権名義と違う名義の建物を建ててしまい、借地権者と地主の間で大きなトラブルとなることがよくあるのです。借地権名義と建物登記名義の不一致は、故意に行われるものではなく、知らないうちにそうなってしまっていたというケースが多いことに注意が必要です。

建物登記の名義は必ず変更の手続きを行わなければいけません。この変更を行わなければ、借地権者と建物登記名義者の不一致が発生し、トラブルとなるのです。借地権者と建物登記名義者の不一致が判明した場合、契約書の無断譲渡禁止条項違反であると判断され借地契約が解除されてしまう可能性もあるのです。